ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング

ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング

ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング

天然石名称 トルマリン
天然石産地 カリフォルニア州,USA
重量 40.66ct(8.13g)
サイズ 27.8×18.6×13.1mm
形状 アバンダンティア
硬度 7~7.5
備考

ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング

販売価格:
77,000円(税込)

商品について

カリフォルニア産のピンクトルマリンの原石に、ローマの豊穣の女神アバンダンティアの姿にカービングを施しました。
カービングしたデザインは、ストーンから受け取ったデザインです。
翼をもったアバンダンティアの姿が独特です。

豊穣の女神であるアバンダンティアは、「コーヌコピア」という角のような形をした壷を持っています。
コーヌコピアの壷からはコインが沢山あふれ出ている姿で描かれます。
こちらのデザインは、「豊かさは水に落ち着き宿る」ことから、コインと水の流れで表現しています。

ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング

ピンクトルマリンの意味や効果

鉱物データ

流通名:トルマリン
和名:電気石(Tourmaline)
主な産地:ブラジル

トルマリンは、様々なカラーバリエーションのある天然石です。
一言でトルマリンと言ってはいますが、下記に記されている様に、含まれている成分などによって鉱物名が分かれており、また、色によっても流通名(宝石名)も多く使われているので、トルマリンとは、一つのグループの名前と捉えておくといいかもしれません。
トルマリンの持っている特性の一つに電気を帯びるという点が上げられます。
結晶が柱状に成長するトルマリン。
片方の結晶の先端がプラスの力を持ち、反対側の先端がマイナスの力を持つ事によって、帯電するといわれています。
和名はその性質から電気石と名付けられました。


ピンクトルマリンの代表的な効果・象徴

  • ハートチャクラを安定させる
  • 愛情表現をスムーズに使える様にする
  • 人生対する情熱や興味を取り戻す

ピンクトルマリンは、愛情をさえぎる様な過去の傷やトラウマを解放し癒してくれます。
ローズクォーツで自分への愛情を取り戻せたら次はピンクトルマリンの出番です。
感情を安定させる性質を持っているので、慈しみや安心感を感じる様にあなたを導くので、新しい恋愛に出会った時も過去の経験に振り回されない様にサポートしてくれます。
他者を思いやる気持ちや尊重する気持ちを高めてくれるので、対人関係にもオススメなクリスタルです。

ピンクトルマリンアバンダンティア女神とコーヌコピアの壷カービング

販売価格:77,000円(税込)

ページの先頭へ